大学との情報交換会を、10月16日にホテルサンルート彦根にて開催しました。近年、県内大学生の県外就職率が増加し若年労働力が流出している状況において、地元就職率の向上に向けて大学と会員企業がそれぞれの立場から意見交換をする場として初めて開催し、大学関係者11名(4大学)、企業関係者21名(18社)、講師・関係者等8名の総勢40名が参加しました。

第1部はワールドカフェ方式でのディスカッションが行われ、参加者は今回のテーマ「滋賀県の学生を育て、滋賀県に就職してもらうには」について自由に意見を出し合い情報交換がなされました。各テーブルごとに様々な意見がまとまり、それぞれ発表して全員が共有しました。続いて第2部の名刺交換会では、参加者間で活発に名刺交換が行われました。